SSブログ

スカーレット・ヨハンソンのお薦め映画 [芸能]

スカーレット・ヨハンソンのお薦め映画
スカーレット・ヨハンソン.jpeg

ジョジョ・ラビット


劇場公開日 2020年1月
スタッフ・キャスト
監督
タイカ・ワイティティ

ローマン・グリフィン・デイビス
トーマサイン・マッケンジー
タイカ・ワイティ
レベル・ウィルソン
スティーブン・マーチャント
アルフィー・アレン
サム・ロックウェル
スカーレット・ヨハンソン
舞台は、第2次世界大戦下のドイツ。母親(ヨハンソン)とふたりで暮らす10歳の少年ジョジョは、“空想上の友だち”アドルフ・ヒトラーの助けを借りながら、青少年集団「ヒトラーユーゲント」で立派な兵士になろうと奮闘していた。しかし、訓練でウサギを殺すことができず、教官から“ジョジョ・ラビット”という不名誉なあだ名をつけられ、仲間たちからもからかわれてしまう。ある日、ジョジョは家の片隅に隠された小さな部屋に、ユダヤ人の少女(マッケンジー)がこっそりと匿われていることに気付く。彼の頼りとなるのは、ちょっぴり皮肉屋で口うるさいアドルフだけ――臆病なジョジョの生活に変化が訪れる。

アベンジャーズ エンドゲーム


劇場公開日 2019年4月26日
スタッフ・キャスト
監督
アンソニー・ルッソ ジョー・ルッソ

ロバート・ダウニー・Jr.
クリス・エバンス
マーク・ラファロ
クリス・ヘムズワース
スカーレット・ヨハンソン
ジェレミー・レナー
ドン・チードル
ポール・ラッド
ブリー・ラーソン
カレン・ギラン
ダナイ・グリラ
前作「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」で、宇宙最強の敵サノスに立ち向かうも、ヒーローたちを含めた全人類の半分を一瞬で消し去られてしまうという敗北を喫したアベンジャーズが、残されたメンバーたちで再結集し、サノスを倒して世界や仲間を救うため、史上最大の戦いに挑む姿を描く。映画史上最大のヒットシリーズ「アベンジャーズ」の壮大なフィナーレ「アベンジャーズ エンドゲーム」(4月26日公開)は、“正真正銘”の最・終・作!

plofil
スカーレット・ヨハンソン

生年月日:1984年11月22日 (34歳)
身長:160 cm
参加ユニット:Sugar for Sugar、The Singles
学歴:リー・ストラスバーグ劇場研究所
アルバム:レイ・マイ・ヘッド
日本で多く見られる「ヨハンソン」という表記は父方のデンマーク系の読み方である。他の表記としては「ジョハンソン」、「ジョハンスン」などがある。
米国のニューヨーク州ニューヨークで双子の姉として生まれた。

写真GMO
nice!(94)  コメント(2) 

nice! 94

コメント 2

JUNKO

よく見る顔の女優さんですね。名前は知りませんでした。
by JUNKO (2019-08-26 19:32) 

step-iwasaki

コメントありがとうございます。
確かに名前わかりずらい方多いようです。
by step-iwasaki (2019-08-27 18:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。