So-net無料ブログ作成
ペット ブログトップ

ビーグル犬との思い出 [ペット]

ビーグル犬との思い出
ビーグル2.jpg

犬との不思議な出会い
犬を飼った経験も子供の頃からずっと隙間無く飼っていた関係で経験が結構有り過ぎて、全ては思い出せないくらいなのですが、かつて飼っていた中で忘れられない一匹がいました。
それは「ビーグル」という犬種を飼っていた時のことですが、とても思い出深かかったと思います。亡くなった時は余りのショックでその後は犬の事を飼うのはやめてしまいました。そう言うわけでその時点から今まで犬は飼っていません。

正太郎との出会い


「ビーグル」名前は正太郎と言います。もともとの出会いも何か不思議で因縁じみた事件がありました。出会う少し前には違う犬(雑種の中型犬)を飼っていました。その犬が、ある日鎖が切れてしまい居なくなってしまいました。結構な年齢15歳前後だったと思います。ご近所に聞き回ったり探し回ったりしましたが見つかりませんでした。
ひと月ほど過ぎた頃でしょうか、犬の事を話しておいた1キロほど離れている農家の方から連絡がありました。お宅の居なくなった犬が今私の家に居るから迎えに来て欲しい、という連絡でした。早速むかえにいきました。そこは、一面田んぼに囲まれた一軒家の広い敷地の一角に繋がれている犬が遠くから見えました。その時点では余りにそっくりでまさか違う犬とは少しも思いませんでした。近づいていくほど何か違和感がありました。違う犬だったのです。
余りにそっくりでびっくりしました。お話を聞くと、夕方余りに騒がしいので外を見ると野良犬の群れで10匹ほどがけたたましく吠えていたそうです。野良犬だったのでしょう。彼が田んぼで保健所に捕獲される直前に出会い、保健所の方に居なくなった犬事情の件をお話ししてそのまま貰い受けてくれたそうです。ですが野良とは思えない優しい性格でした。今思えば何十頭もいた野良犬グループのリーダーだったようです。そんな立派な性格でした。その他の犬を気遣って暴れていた彼は立派すぎます。
捨てられたのでしょう、素敵な首輪を填めていました。だいたい野良になるような犬ではありません。性格的にも見た目にも。そんな訳で私がもらい受けて面倒見る事になりました。元々の犬は結局見つかりませんでしたが、何かのお導きで出会えたのだと思うことにしました。

正太郎の性格


正太郎はまず見つめる視点が素晴らしく見つめ合うだけで何か感動してしまいます。物憂げというか、人恋しいというか凄くいい雰囲気です。
小型でありながら大変な体力の持ち主で、 毎日4~5キロは歩くでしょうか。時には自転車 の私を引っ張って走ります。速いです。また時には田んぼのあぜ道脇の水路に自ら飛び込みジャボ ジャボと歩きます。びしょびしょになりながらも 気持ちよさそうな目をしています。番犬の意識もあったようで、進入する人を見るとよく吠えました。優秀です。

永眠


そんな彼も、冬のある晩たらふく食べて寝て、 翌朝
永眠してしまいました。とても満足そうな 顔をしていました。本当に素敵な時間をありがとう。

感謝の気持ちでいっぱいです。
nice!(112)  コメント(6) 

猫と雀 [ペット]

猫と雀.jpg

今朝、リビングに起きて来ると飼い猫の鳴き声と共に走り回っているので

何事かと思ったら、吐き出し窓の外に゛なんと雀発見まだ小さいようです。それがチュンチュンと鳴きまくっていました。

30分ほど滞在したままなので、どうしたらよいものか悩んでいたら空に雀の大群(10羽程度)が現れて程なくいなくなってしまいました。親雀が迎えに来たのかもしれません。

一緒に写っているのは飼い猫(ジィーサン)です。
nice!(57)  コメント(4) 

猫タワー購入する [ペット]

猫タワー購入する
cat bed.jpeg

我が家には猫二匹(アメショウ×2)います。
猫タワー購入することにして買いに行きました。最近は種類も充実してますね。
購入したこのタワー、元々はベッド部分は1つでしたが殴り合いの喧嘩になる
ので別途追加購入しました。
今は写真のように寝ています。たまに上下の争いがありますが、何とか収まっている
ようです。
nice!(83)  コメント(6) 

飼い猫の疾病顛末記 [ペット]

012.jpg

飼い猫のミー子がおかしな走り回り方でいるので、

よく見ると耳の片方が中側が腫れていて中が見えない

状況でした。

早速獣医さんに行きました。

病名は忘れましたが、血が貯まっていたんですね。

注射器で抜いて貰いました。結構な量でした。不快だったんでしょうね。

翌週ももう一度抜いて貰い様子を見ました。

10日後にもう一度見て貰い完治ということでした。

いろんな事がありますね。
nice!(78)  コメント(3) 

飼い猫のおなら [ペット]

IMG_0003-2.jpeg

先日ソファーで仮眠していると、

強烈なにおいがしてきました… おならのにおい。
周りを見回してみて驚きました。
とぼけた顔をした猫が此方をみて、何となく笑っているような

早速おしり周りを嗅いでみると、まだにおいが残ってました。
犯人は飼い猫(barさん)でした。

まさか飼い猫に屁を引っかけられるとは…  驚きです。

PA0_0014 (2).JPG

数日後、もう一匹の(Gさん)が、私のベッドに来ました。

Gさんはあまり寄って来ない猫なのですが、なぜかと思いつつ

突然昨日のBarさんのまねをしたのか、おなら炸裂して逃げていきました。

連日のおなら攻撃には驚きました。

etc.いつも私が二匹におならをかけていたので仕返しされた感じです。

まあ、かしこい…   。

nice!(13)  コメント(0) 
ペット ブログトップ